静岡県教職員組合

豊かな教育環境の実現を求める署名

新型コロナウイルス感染症の流行は未だ収束の兆しを見せず、社会・経済活動に影響を与え続けています。学校においても感染対策を講じながらの教育活動の継続が求められ、子どもたちは身体接触を伴う活動の制限や給食時の黙食など“我慢の生活”を続けています。

仲間とかかわりあいながら学ぶ場としての学校の必要性が再確認される中、子どもたちの豊かな教育環境が実現されるよう、以下のことを求めます。

要望事項

  1. 子どもたちのゆたかな学びを支えるために、教職員の配置を拡充すること

    県内においては、県・政令市独自の少人数学級編制を始めとして、様々な教育施策が推進されています。しかし、小学校高学年における教科担任制やICT機器を活用した教育の推進など、子どもたちの学びの充実が求められる中、教職員数は十分とはいえない状況です。

  2. 子どもや保護者に対する心理面・福祉面へのサポートや、外国にルーツをもつ子どもへの日本語指導などを充実させるために、専門的なスタッフの配置を拡充すること

    いじめ、虐待やヤングケアラー、子どもの貧困など、専門的なスタッフや機関の支援を必要とする子どもや保護者が増えています。また、外国にルーツをもつ子どもは年々増加しています。学校において日常的に対応できるスタッフの拡充が必要です。

  3. 子どもたちの命を守り、学びの充実を図るために、総合的な教育環境整備をすすめること

    感染症や自然災害等から子どもたちの命を守り、学校生活を継続させることは大切です。また、タブレット端末を活用した授業など、時代に即した教育の推進が求められます。施設・設備の充実や継続的なサポート体制の構築が必要です。

  4. 子どもたちに総合的な職業観・勤労観を育むための教育を推進すること

    人口減少や産業構造の変化がすすむ中、子どもたちが就きたい職業を見つけたり、働くことの意義を学んだりすることは、小、中学校での学びにおいても大切です。県内企業や労働者と連携した体験活動や出前授業等の推進が求められます。

署名フォームを開く

問い合わせ先

静岡県教職員組合

〒420-0856 静岡市葵区駿府町1番12号
静岡県教育会館3階

TEL 054-255-0156

子どもたちのために豊かな教育環境の実現を

教職員・専門的なスタッフの配置拡充が必要です!

ゆたかな学びを支えるための配置

教職員の配置の充実

子どもと教職員のかかわりが増えることで学習面、活動面ともに、充実した学校生活を送ることができます。 

子どもも 保護者も 支援できる体制づくり

スクールカウンセラー

子どもや保護者等の心のケアをします。

スクールソーシャルワーカー

子どもや家庭を福祉にかかわる行政機関等につなげます。

日本語指導等の支援員

外国にルーツを持つ子どもへの日本語指導や校内生活の支援を行います。

安全な学校・充実した学びの保障

タブレット端末などのICT機器を活用した教育の推進には、継続的なサポートが必要です。

どんな時も子どもが安全に過ごせる施設の整備が必要です。

職業観・勤労観を育む教育の推進

体験活動や講話などを通して職業観や勤労観を高めます。

静岡県教職員組合のHPへ